高性能住宅

R+houseの秘密

高性能住宅って何?

家族の思い出を刻む高性能住宅
デザインが自分好みでも、夏は暑く冬は寒い住宅だとしたら…?
家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に健康に、長く暮らせる住まいにしたい。そんな思いを叶えます。
快適な住まい=高性能
“ 快適な住まい” とは、部屋の中が適温に保たれている家のこと。暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。
正しく断熱して、気密性能を高め、計画換気を行えば、“ 快適な住まい” は実現できます。「R + h o u s e 」には、そのための工夫がたくさん詰まっています。
そして“ 快適な住まい” は、同時に光熱費も少なくて済むという、嬉しいおまけ付き。また、暮らす人の健康もサポート。
住むほどに嬉しいことが増え続ける住宅なのです。

高気密+高断熱+計画換気

高気密・高断熱住宅の特徴とは?

  • 省エネルギ-
  • 部屋間の温度差が少ない(ヒ-トショック※1が起きにくい)
  • 結露やコ-ルドドラフト※2が起きにくい
  • カビやダニが発生しにくい、花粉・じん埃が侵入しにくい
  • 防音効果が高い
特長

高気密・高断熱にとことんこだわる

住宅を選ぶのに、性能って気になるところ。それが、家が建った後の住環境に大きな影響を与えます。「冬暖かく、夏涼しい家」とは?…一言で言うならば性能の良い家のことです。その為には、住宅の「気密性」と「断熱性」を高めることが不可欠なのです。R+houseの家は、性能(気密・断熱)にとことんこだわっています!

R+houseの「高気密住宅」とは?

高気密の指標・相当隙間面積 C値
高気密な家とは、隙間が少なく熱損失が少ない家のことです。住宅の隙間を減らすことで熱損失を少なくするので、冷暖房用エネルギー消費が低減できます。また、適切な計画換気がなされるので結露の危険を低くするなど生活環境の快適性を高めた住宅です。気密の性能はC値という指標で表されます。
C値は床面積1m2当たりの隙間面積(cm2)で示され、値が小さいほど隙間の少ない高気密な家と言えます。
高気密の指標・相当隙間面積 C値

R+houseの高断熱住宅とは?

高断熱の指標・熱損失係数Q値 高外皮平均熱貫流率UA値
高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。住宅の外部に面する部分(外壁、屋根、窓など)から熱が逃げないように、室内と室外をエネルギー的に区切って(断熱して)いるので、冷暖房効果が高く、快適で環境への負荷も少ない住宅です。断熱の性能はQ値またはUA値という指標で表されます。値が小さいほど熱が逃げにくい高断熱な家と言えます。

次世代省エネルギー基準は表の通りです。
高断熱にこだわるR+houseは次世代省エネ基準を大きくクリアしています。
次世代省エネ基準
Ⅳ地域
R+houseの一例
Q値 2.7 w/㎡・k 2.0 w/㎡・k
UA値 0.87 w/㎡・k 0.55 w/㎡・k

現行 次世代省エネルギー基準

現行 次世代省エネルギー基準

改正省エネ基準

改正省エネ基準

車だけじゃなくて、住宅も燃費で選ぼう!

車を選ぶときって、1リットルで何キロ走るかは大事なポイント! ですよね?
家だって、暮らすためにかかる費用があります。そのうちの「光熱費」は、家次第で大きく変わってくるのをご存知ですか??
生涯住み続けるマイホームだから、家の燃費もしっかり考えるべき!

①住宅の燃費とは?

「冷暖房エネルギーもランニングコスト」です!
住宅費用とは、「住宅購入費用、月々のローン支払い額」だけではありません。冷房、暖房の光熱費などのランニングコストが毎月かかってきます。
このランニング費用は出来るだけ抑えたい!車によって燃費が違うように、住まいのランニング費用は、家づくりと深い関係があるのです。
「低燃費なエコハウスを作ろう!」

②家への総支出額イメージ図

家への総支出額イメージ図

性能の低い住宅とR+houseとの比較

性能の低い住宅 R+house
Q値 3.7程度 2.0程度
冷暖房負荷
(Mcal/㎥年)
160 80
冷暖房費用
(円/年)
60,000 30,000
ワンポイントアドバイス

低燃費なエコハウスをつくろう!ローンが残っている期間も、払い終わった後も、光熱費が高い家だと困りますよね。一生住む家だから…月々のランニング費用を出来るだけ抑えられるような家づくりを!
くれぐれも、オシャレだけどお金がかかる家、カッコいいけど寒い家…なんてならないように注意が必要ですね。

家庭内事故で亡くなる方は交通事故の2倍!

家庭内事故で亡くなられる方は交通事故で亡くなられる方の約2倍。その原因のほとんどがヒートショックによるものです。

ヒートショックとは・・・

ヒートショックとは、一般に寒冷や著しい温度差により大きな血圧変動が生じ、身体に大きな負担がかかった状態をさし、家庭内では、熱い湯に入る冬季の入浴中に起きやすい傾向にあります。

ヒートショックの恐怖

ヒートショックによって入浴死する人は年間14,000人と言われています。
これは、交通事故で死亡するする人を上回る数です。また、家庭内で死亡する人の3分の1はヒートショックによるものです。
日本では75歳以上の高齢者の溺死率が、欧米の10倍という高率であることからみても、ヒートショックが日本で特に多く起こっていることがわかります。

国内でヒートショックにより亡くなる人(入浴死)

ヒートショックを防ぐには

ヒートショックを防ぐには室内温度差をなくす事が重要です。
もともと急激な温度差による体への負担が原因なので温度差が少なくなればヒートショックになる可能性は少なくなります。

断熱性が低く、暖房の入っていない家の水回りは、冬場は特に冷え込みます。
そのため、暖房の入った居室からトイレに行ったり、風呂に行ったりする際、急激な温度差の影響を受けるのです。

ワンポイントアドバイス

ヒートショックを防ぐには家の断熱性、気密性を高めればいいのです。断熱性が高ければ室内の熱が逃げにくく、気密性が高ければ暖房が家全体に効いてきます。また、壁や屋根だけでなく、床下基礎の断熱性を高めればさらに万全です。

国は2030年以降まで緻密に考えています!

省エネ住宅のロードマップ

ライフサイクルカーボンマイナス住宅
住宅建設時のCO2排出量も含め生涯でのCO2収支をマイナスにする住宅。
ゼロエネルギー住宅
一次エネルギー消費量が正味ゼロ、概ねゼロとなる住宅。
2030年の標準にしていくことが国の目標。
省エネ義務化
2020年全ての新築住宅で省エネが義務化に。
2020年までは基準を満たした場合税制優遇などを行う。
省エネ基準の改正
2013年10月1日から施行。従来は外皮性能のみの評価だったが、
一次エネルギー消費量を指標として評価するように改定。
低炭素住宅認定
2012年12月4日にCO2排出抑制を目的に施行。
改正省エネ基準より10%省エネの誘導水準レベルで認定。

2020年以降の基準を満たさない住宅を今建てますか?

日本経済新聞

省エネ住宅義務化の時代がすぐそこまで迫っています。
2020年以降は認められない基準の住宅を未だに建てている住宅会社も数多くあります。
あなたはそのような家を建てる気になれますか?

C値測定の様子(内装仕上げ前に行う)

photo

断熱性能を重視する住宅会社はたくさんあるかも知れませんが、高い気密性能を実現できる住宅会社はあまり多くないのが現状です。しかし気密性能は、計画通りの断熱性能を発揮するためにも、住まいの快適性のためにも、とても重要なのです。

引き渡し